行事を楽しむには|伝統的な節分行事に関する歴史を学び最適なプレゼントを用意
ギフト

伝統的な節分行事に関する歴史を学び最適なプレゼントを用意

行事を楽しむには

恵方巻

節分の日に恒例の行事になる豆撒きは、気をつけることが何点かあります。豆撒きに使用する豆は、芽が出ると縁起が悪いという言い伝えがあることから、生の豆ではなく炒った豆を使用しなければなりません。また、「鬼は外、福は内」という掛け声がなければ、邪気や災厄を祓うことができません。また、一年間の健康を願って、撒かれた豆を自分の年や数え年の分だけ食べるというルールがあります。さらに豆撒きをする時間についても、鬼は夜に出てくると言われているので、節分の日の夜に行うのが効果的です。また、小さな子どもがいる家庭においては、節分で撒かれた豆を誤飲し、気管支などに詰まらせる事故になるおそれがあるため、大人が管理する必要があります。

節分は季節の変わり目ごとにあります。季節の変わり目とは立春、立夏、立秋、立冬のことを指しております。節分は春の始まりである立春の前日に行われる行事のことです。節分の日に豆まきをしますが、悪役の鬼は邪気や厄を意味しております。昔は、災害や病、飢饉等は鬼の仕業であると考えられておりました。そのため、鬼の目をめがけて年男等が「鬼は外、福は内」と大声をあげて叫びながら豆を投げることで、邪気や災厄を祓い、豆撒き後は自分の年の数か年の数より一つ多く豆を食べることで、一年の無病息災を願います。また、関西地方を中心に、節分の日に毎年変わる吉の方角に向かって無言で巻き寿司を食べることで、家族全員の幸せを願う風習があります。最近ではコンビニやデパートなどでも恵方巻が販売されており、関西だけではなく、全国各地で食べることが可能となっています。