新春を迎える儀式|伝統的な節分行事に関する歴史を学び最適なプレゼントを用意
ギフト

伝統的な節分行事に関する歴史を学び最適なプレゼントを用意

新春を迎える儀式

大豆

大豆で厄払い

節分は古代中国で始まった習慣で、元来は季節の変わり目を意味し、春夏秋冬に1回ずつあります。しかし現在の日本では、立春の前日だけが節分と呼ばれ、旧暦では1年の終わりの日とされています。節分といえば豆まきが付き物ですが、これは平安時代に行なわれていた厄除けの儀式が起源とされています。豆は災いを払う力があるとされ、厄年にあたる人や年男が、家の外と内にまいていきます。正式には煎り大豆を使いますが、最近では落花生を使うことも多くなっています。節分のギフトには大豆そのものをはじめ、豆の入った枡などが喜ばれます。子どものいる家庭には、厄除けの意味があると同時に、家族で楽しめる豆菓子のセットなども人気があります。

縁起の良いギフト

近年では節分に恵方巻きを食べる習慣も、全国的に定着してきました。そのため巻き寿司だけでなく、日本各地の名産寿司などを選んで、節分に贈るケースも増えています。また厄から身を清めるという意味で、清酒も節分にぴったりのギフトと言えます。節分が始まった中国では、龍が縁起の良いものの代表とされています。形が龍に似た長いものや鱗のあるものは、やはり縁起が良いとされるため贈り物に好適です。蛇皮の財布やベルト、ネクタイやネックレスなどは、日本でも節分のプレゼントとして人気があります。なにげない家庭の行事として過ごしがちな節分ですが、特に厄年の方はこれまでの人生を見つめ直し、気持ちを新たにする良い機会になるでしょう。