ウーマン

伝統的な節分行事に関する歴史を学び最適なプレゼントを用意

感謝の気持ちを込めて

女の人

母の日のプレゼントは、身に着ける物やスイーツも良いですが、花は今でも人気が高いプレゼントです。一緒に贈ればきっと喜ばれるでしょう。忙しくてお店に行けない人は、ネットショップなどを利用してみると非常に便利です。

もっと読む

行事を楽しむには

恵方巻

節分の日の恒例行事である豆撒きを楽しむためには、いくつかのルールを守らなければなりません。豆撒き後に自分の年や数え年の数だけ食べることで、一年の無病息災を願います。また、地方によって、節分の日に巻き寿司を食べるところもあります。

もっと読む

日本で2月3日と言えば

豆まき

季節の節目でもあります

節分というと豆まきや鬼退治というイメージが定着しているかもしれませんが、そもそも節分とはこのような意味合いではありません。節分とは季節の節目という意味であり、日本では2月3日となっています。しかし季節の変わり目というと春夏秋冬それぞれにあると思います。しかし日本では先ほど春夏秋冬と書いたように、一年の始まりを春としているため、立春にこれから一年不幸なことが行らないよう豆まきで鬼退治をすることが恒例となりました。そのため節分の時期になると、豆や鬼のお面を販売しているお店がたくさん増えてきますが、一年に一度しか使わないお面を購入するまでにはいかない方も多いと思います。そのため鬼のお面をプレゼントとして贈られれる方も増えてきており、小さなお子様が入る家庭では意外と喜ばれています。またそのお面を10月の仮装パーティイベントで使う方もいるようなので、意外なプレゼントかもしれませんが、必要な方には喜ばれると思います。

実際に行われていること

先ほど少し述べたように、節分の日には豆まきをして鬼退治をし、恵方巻を食べることが恒例行事となっています。まめを魔滅という言葉で表現すると分かると思いますが、魔物を滅亡させるという意味から豆まきをするようになりました。また節分に恵方巻を食べると縁起が良いとされており、スーパーやコンビニなどでも販売していますが、実は恵方巻という言葉は最近呼ばれるようになった言葉で、昔は丸かぶり寿司などと呼ばれていました。またヒイラギやイワシを食べる習慣がある地域もあるなど、地域によって多少異なる風習があることも事実です。これらのことから、節分には恵方巻や豆を食べるだけでなく、クリスマスケーキのような感覚でプレゼントとして購入される方も増えてきました。また節分に来店された方に豆をプレゼントするといったサービスが行われるショップも増えてきたことも事実です。

新春を迎える儀式

大豆

立春の前日にあたる節分には、厄払いのため豆をまいたり、恵方巻きを食べたりする習慣があります。節分には大豆製品や寿司や日本酒のほか、ベルトやネクタイなど長いものも、縁起が良いプレゼントとして喜ばれます。

もっと読む